スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日結論を出したANCHOR UF9 間違ってなかったようです

昨日自信もなく断定的にBSがいいと表明したことに、ちょっと自信が持てずフラフラしていましたが

今日は自信を持って言い切れます。ANCHOR UF9は私にとって最善のセカンドバイクです。

あ〜言っちゃったよ!

この結論に至るには、私のロードバイク遍歴を語らないことには納得いかないと思います(誰が!)。

私が最初にバイクを購入しようとした時は鉄が主流で、アルミのフレームはまだ初期の頃でした。

そんな状況ですので、当然私が買ったのも鉄のロードレーサーです。購入先はあのショップです。

買うときは、まだ先代の親父さんがいて、サイズ出しもクレーモデルでしっかりとオーダーメード

でした。なので体にしっくりでしたので腰や膝の痛みは皆無でした。

そんなロードバイクなので休みであれば、ずーっと乗って自転車の醍醐味に浸っていました。

ただ、アルミが主流になっていく時代に鉄も限界が出てきたため、次期ロードバイクを考えるに至り

当然アルミを一番に考えるところですが、その頃まだ出たてでしたがカーボンが選択肢として考えられる

時代でした。成熟期のアルミを選ぶか、今後主流になるカーボンを選択するか非常に悩みました。

結果私はカーボンフレームのTREK5200を選択しました。まだロードバイクに2桁の価格を

払う時代ではなかったので、周りの人からは奇異の目で見られました。けれど乗るのは私です。

実際の乗り心地は鉄よりさらに優しい感じでした。どこまでも行けそうな感じが第一印象でした。

カーボンにも慣れ、やはり一度はアルミも乗っておかなくてはという、今から見れば、上から目線で

当時のANCHORのアルミを購入したものの、やはりガツンとくるあの衝撃がたまらず、

すぐにお蔵入りとなりました。

今回そのアルミフレームをあえて候補にすることの条件として、やはり前回の教訓を生かして

なしかしら対策を打たなくてはなりません。

その強力な対抗処置は、チューブレスタイヤの導入です。そのためには

チューブレスホイールが使用できるバイクではなりません
2012102201

そんな意味でANCHOR UF9が最有力候補となりました。

いきなり結論となりましたが、あと1ヶ月、心が砕けないようにがんばります。

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

てくてく山崎12

Author:てくてく山崎12
人間像:50半ばを過ぎてもロードバイクがやめられないおやじライダーです。
性格:温厚(自転車に乗ると「わしが走ってんじゃい、どかんかい!」
家族構成:3男1女+ヨメさん+クウ(犬)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問された方々
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
RSSリンクの表示
読者登録

読者登録いただくと新しい記事をアップしたときにメールでお知らせいたします



提供:PINGOO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。