スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂登りチャレンジ第2弾 入山峠

本日は月に一度の有休取得で平日休みです。この前の土日は乗れずじまいでしたので、今日は張り切っての
ライディングです。

今日の目標は10月20日以来の峠登りです。ある方のブログでアップされた入山峠を今日の獲得目標に
しました。

朝方犬の散歩で非常に寒かったため、通常の6:30出発は無理と判断し、7時過ぎに自宅を出発しました。

いつものアプローチコースをとり、今日はショートカットでJR金子駅を通過(-5km)。
青梅市役所から吉野街道経由で東海大菅生高校前を通過。
2012103102
今日はトンネルを通らず脇道をスルー(右側がトンネルの出口、前方の高い建物が東海大菅生高校)。

さらに進み、本来であればここで秋川駅を北口か南口で通過するのですが、今日は右折するところを
一本間違え手前で曲がってしまい、三吉野工業団地に出てしまいました。ところがここは道路の整備が
よく気持ちよく進めました。

そんななか、方向としてはいつかは左折しなくてはならないのですが、きっかけがつかずズルズル
走っていたところ、イオンモールが右手に見えたところで無事左折。
ここが意外と景色が良いところで(今回写真ありません)、気持ちよく走れました。
そうしているとあのサマーランドの観覧車が見えてきました。
2012103101
ということはいつも通っている道と交差していることがわかりひと安心。

ここからは目をつぶっても(つぶっていません)武蔵五日市駅に着けます。
2012103103
今日も左折します。

ゆるゆると登っていくとY字路に着きます。
2012103104
いつもは33号線で右方向ですが、今日は看板の旧道の「と」の字のような道筋に入ります。
正確には「と」の字の「`」の方向が今日の経路です。

Y字路を左方向に進むと分岐路が見えてきます。
2012103105
右へ進むとまた33号線に出てしまいます。

ここから趣ある町中を進んでいきます。
2012103106
気持ちいいS字カーブを抜けると若干の登り坂を経て、本日の坂登の始発点が現れます。

2012103107
ここから本格的な登りがスタートします。

2012103108
安全を祈願し山神社にお参り。

ゆるゆると登っていきます。
2012103109
右側は川が流れており、夏であれば涼しさを受けられるのですが・・・・。

さらに進み、傾斜もきつくなった場所でカメラマウントを装着し、今日はビデオ撮影を行います。
2012103110
(ただし私はまだビデオをアップする方法がわかりませんので、アップはご勘弁)

またしてゆるゆる登っていると道標が。
2012103111
方向は間違っていませんが、勝負口?気合いが入ります。

2012103112
さあ来ますよという前方ですが、まだゆるゆる状態が続きます。

2012103113
ん〜この頃から徐々に傾斜がきつくなります。左上のガードレールがこれからか登るところです。

エッチラ、ホッチラ登り切るとひとときの景色。
2012103114

こんなカーブの連続を登ります。
2012103115

すると視界が一気に開けます。
2012103116
こんな景色も見られます。
2012103117

このあたりから傾斜は13,14%となってきて、心臓バクバク状態が続きます。

ただし、きつい傾斜も長くは続かないためイヤになることはありません。

そうこうしているうちに今日のゴールです。
2012103118
右に行くと醍醐のようです。

水分補給し帰りをどうするか迷いましたが、来た道を戻ります。
峠をひとつこなすと足はずいぶん軽くなります。帰り道はほとんど30km/hオーバーで
回せました。

これだから坂登はやめられません!

帰り道、茶畑沿いにあったので今日の無事を感謝しお礼参り。
2012103119

本日の走行距離 100.79km(10月 632.59km 年間3,905.33km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今日はG1Xの画像でお楽しみください

今日は仕事で、明日は雨模様なので今週は全く乗れません。

てなことで、今日はまたまたTIME号のディープな画像です。

今日は非常に評判の悪いCANONのG1Xで撮ったものです。

2012102701
いつもながらカーボンが美しい映像です。

2012102702
何となくとらえました。

2012102703
こうやって乗り込むんでしょうか。

2012102704
この角度は本人は見れませんが、対向者は見ているのでしょうね。

2012102705
苦しい登りのダンシングではいつもこの光景です。

2012102706
このカーブがたまりません!

2012102707
これのおかげで下りは安心です

2012102708
今年最大のヒットで、私の命です!

2012102711
ん〜グレート!!

明日は雨模様ですので、今週はおとなしくしています。

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関東近郊の峠ランキング

このところ峠を越えている(ほとんどが挫折しています)ことから、ますます次なるチャレンジ

課題を欲してきています。そんななかある方のブログを見ていたら峠ランキングが掲載されて

いました。なかなか興味深いので紹介いたします(あくまで個人的なランキングみたいです)。

*********************************************************************************************************
序の口(カテゴリ4)
二ツ塚峠/ 梅ヶ谷峠/ 榎峠/ 満地峠/ 大垂水峠/ 糀谷・山入林道/ 小沢峠/ 戸沢峠/ 小峰峠/ 小津坂峠/ 吹上峠/ 山王峠(埼玉)/ 倉掛峠(埼玉)/ 笹仁田峠/ 養沢/ 日原/ 七曲り峠

初級(カテゴリ3)
入山峠/ 甲武峠(甲武トンネル)/ 山伏峠(埼玉)/ 正丸峠/ 天目指峠/ 仁田山峠/ 時坂峠/ 楠峠・飯盛峠・傘杉峠(奥武蔵グリーンライン)/ 顔振峠/ 西の入・ホオバ沢林道/ 東都飯能CCの坂/ 栗平林道

中級(カテゴリ2)
風張峠(奥多摩周遊道路)/ 梅野木峠/ 常磐林道(成木ヒルクライム)/ 鶴峠/ 和田峠/ 醍醐林道/ 入間白岩林道/ 刈場坂峠/ 月夜見沢・惣角沢/ 今川峠/ 松姫峠/ 有間峠

上級(カテゴリ1)
大ダワ(鋸山林道)/ 風張林道/ 犬切峠/ 柳沢峠/御岳山
*********************************************************************************************************
実際はどうかわかりませんが、私が経験した中では割合順位は納得できるのでないでしょうか。

こうしてみるとまだまだ遭遇していない峠はたくさんあります。

当面の目標はこの一覧制覇を目指したいと思います。

3
懐かしいTREK5200

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

昨日結論を出したANCHOR UF9 間違ってなかったようです

昨日自信もなく断定的にBSがいいと表明したことに、ちょっと自信が持てずフラフラしていましたが

今日は自信を持って言い切れます。ANCHOR UF9は私にとって最善のセカンドバイクです。

あ〜言っちゃったよ!

この結論に至るには、私のロードバイク遍歴を語らないことには納得いかないと思います(誰が!)。

私が最初にバイクを購入しようとした時は鉄が主流で、アルミのフレームはまだ初期の頃でした。

そんな状況ですので、当然私が買ったのも鉄のロードレーサーです。購入先はあのショップです。

買うときは、まだ先代の親父さんがいて、サイズ出しもクレーモデルでしっかりとオーダーメード

でした。なので体にしっくりでしたので腰や膝の痛みは皆無でした。

そんなロードバイクなので休みであれば、ずーっと乗って自転車の醍醐味に浸っていました。

ただ、アルミが主流になっていく時代に鉄も限界が出てきたため、次期ロードバイクを考えるに至り

当然アルミを一番に考えるところですが、その頃まだ出たてでしたがカーボンが選択肢として考えられる

時代でした。成熟期のアルミを選ぶか、今後主流になるカーボンを選択するか非常に悩みました。

結果私はカーボンフレームのTREK5200を選択しました。まだロードバイクに2桁の価格を

払う時代ではなかったので、周りの人からは奇異の目で見られました。けれど乗るのは私です。

実際の乗り心地は鉄よりさらに優しい感じでした。どこまでも行けそうな感じが第一印象でした。

カーボンにも慣れ、やはり一度はアルミも乗っておかなくてはという、今から見れば、上から目線で

当時のANCHORのアルミを購入したものの、やはりガツンとくるあの衝撃がたまらず、

すぐにお蔵入りとなりました。

今回そのアルミフレームをあえて候補にすることの条件として、やはり前回の教訓を生かして

なしかしら対策を打たなくてはなりません。

その強力な対抗処置は、チューブレスタイヤの導入です。そのためには

チューブレスホイールが使用できるバイクではなりません
2012102201

そんな意味でANCHOR UF9が最有力候補となりました。

いきなり結論となりましたが、あと1ヶ月、心が砕けないようにがんばります。

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

クロスバイク 想いはほぼ決まりました

先日から悩んでいたクロスバイクORロードバイクの選択ですが、ほぼ心に決めました。

そのまえに少し購入条件を整理します。

①あくまでライディングの中心はTIME号であること
②ポタリング中心であるため高性能は求めない
③ただしママチャリクラスの性能はNO
④価格は抑えめ
⑤できればロード系のパーツが流用できたらいいな

今のところこんな条件で探していますが、昨日まで

・スペシャのSIRRUS(有名で言わずもがな)
・TREKのFXシリーズ
・軽いGIANTのESCAPEシリーズ

が候補でしたが、本日、相当心が動いている機種を発見しました。
20121022
だいぶ地味です。

ご存じでないかもしれませんが、BSのANCHORのUF9です。

アルミフレームでカーボンフォーク採用、フロントダブルのクランク、ロードホイール仕様可の

ほぼ希望通りの仕様です。

ただしデザインはチョットダサイですが、実質性能本位であれば全く問題ありません。

価格がちょっとネックですが、どうにかなるでしょう。

この線で今後詰めたいと思います(ちょっと勢いなので、この想いの継続が不安ですが)。

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

撃沈!老ライダー トホホ

今日は昨日に引き続いて絶好の天気でした。

ただし、私は昨日の峠制覇に気分よくし乾杯のあらしですっかり寝坊です。

起きたら5:30、いつもより1時間遅い起床です(あれ、チョットずれています?)

いつものように犬の散歩と朝食後に出発したのが、7:30といつもより1時間ほど遅れてしまいました。

いつものルートで、今日は平地で行こうと思って自宅をあとにしました。

今日はホントにノリが違います。いつものスピードより2〜3キロ遅いのです。

悔しいけれど、この道は若干登りかなと思っても、サイコンは0%の斜度を示しています。

やっぱり昨日で使い果たしたのかと漕ぎ続けるものの、いつまでいっても回復しません。

それでは体に刺激を与える意味で、坂登の続行です。

まず浮かんだのは子の権現ですが、今の状態では絶対無理ですのでその手前の竹寺に決定です。

飯能から名栗に行くいつものルートで途中右折し、ひたすら突き当たりを目指します。
2012071402
〜この画像はちょい古なので今は違います〜

ここを右折します。すると分岐点。
2012071401
〜この画像もちょい古〜

左に進路を取りひたすら竹寺を目指します。走り出しは3〜5%となんでもない坂です。

途中までも「もしかしてたいしたことないんじゃないの」と侮っていました。

あまり苦労することなく、途中の分岐点まで来ました。
2012102101
左が竹寺方面、右が子の権現方面です。もちろん左です。ちょっと激坂ぽいじゃないですか。

徐々に牙をむいてきました。
2012102102
画像ではわかりませんが、結構いっています。

さらに第2分岐点。
2012102103
もちろん標識通り右?前方に進路をとります。

ここからが激坂(私にとっては)の連続。昨日痛めた右ふくらはぎにまたも激痛が走ります。

それでもいつかは平地が来ることを信じ、ひたすらクルクル回します。

ついに蛇行もやむなしで、車が来ないことをいいことに右に左に行ったり来たりです。

とうとう14%でふくらはぎが痙攣(つった状態)で足つき。休憩を入れ再度坂登。

順調にこなし最終地点(たぶん)、13%を見たらまたもや痙攣!前を見るとまだ先がありそう。

ここで今日の進軍は中止となります。悔しい〜!!!

たぶんですが、その先の激坂を曲がればゴールのはずなのですが!!!

敗軍の将兵を語らず・・・・無念!

本日の走行距離 93.94km(10月531.80km 年間3,804.54km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

絶景を求めて時坂峠に行ってきました

【本日は画像満載です】
本日は風がいくぶん気になりますが、絶好のサイクリング日和です。

昨夜から天気予報を何度も確認し乗れることが決まりましたので、また朝寝坊しないように

平日と同様4:40にタイマーをセットしました。

何故かウキウキし3:50には起きてしまいました。というのも先週道を間違え行けなかった時坂峠

ですので、今度こそはという気持ちです。今回は地図でバッチリ下調べしたので、スムーズに

ルートに乗れました。今日は明星大学の坂のルートではなく、足を温存するため青梅から滝山街道で

秋川駅を目指し7号線で武蔵五日市駅に向かいます。今日は土曜なので途中の東海大菅生高校の

脇を通りますが、学生がママチャリで学校までに坂をエッチラホッチラ登っていきます。

チョットしたトレーニングです。こちらは下り基調なので鼻歌交じりです。

秋川駅を過ぎ7号線で行きますが、今日はトラックが意外と多く狭い道では先頭を走って

先導することがしばしば(運ちゃんイライラでしょうが・・・・)。

いつもどおり武蔵五日市駅を左折し檜原村役場を目指します。12kmほどで役場のT字路です。
2012102001
左に行けば都民の森方面、そう今日も右折です。

ほどなく時坂峠への侵入口です。
2012102002
本線は右に曲がっていますが(先週は本線に沿って通り過ごしました)、今度はまっすぐ進んでいきます。

すぐにチョットきついなとサイコン見ると11〜12%!エ〜!ッてな調子で先が思いやられましたが、

すぐに緩やかな5%ほどに落ち着きました。
2012102013
道は大きく右に回りますが、その道端にはこんな看板が。

左に行くと払沢の滝です。これには目もくれず右に曲がっていくと山里に入っていき、本格的な

坂が待っています。
2012102012
まあこんなのはおちゃのこさいさいとガシガシ登っていきます。

すると民家(集落?)が現れ、坂もきつくなります。
2012102011
いい角度ですね!

2012102010
こんなんも現れます。坂好きローディーにはたまりません。

ただしだいぶ傾斜がきつくなってきました。一番の難所でしょうか、12%が続きます。

のんびりハイカーや散歩の方の横をヒーこら登っていきます。その方達はいずれも熊よけの鈴を

付けていました。なんか一気に登るペースが落ちそうです。

つづいて見事なヘアピンカーブです。たまりません!
2012102009
ここからだんだんと緩やかになり、いきなり視界が開けます。

2012102008
片側はガードレールなど無い絶壁です。(トラック来たら一巻の終わりです。まあ道が狭く来ませんが)

あまりの景色の良さにTIME号も景色をバックにパチリ
2012102007
車止め低く、崖下に落ちないかヒヤヒヤです。

ゆるゆると登っていくとT字路に標識が。
2012102006
目的の「峠の茶屋」は左折ですので、そのとおりに。なんか時坂峠が右方向(進入禁止の表示と車止め)

みたいですが、気にしない。

またも絶景です。
2012102005

さらに道なりに行くと最後の坂が12%を示しながら看板が見えました。ゴールです。
2012102004
茶屋のおじさんが薪を燃やしていたため、煙が広がっています。これより先はロードではいけません。

終着です。
2012102003
誇らしげなTIMEくんです。

何となく登れたということで、難易度はそれほど高くはないと思いますが、景色はよく、

クルマも少なく非常に登りやすい峠でした。調子が落ちたときは、もう一回来ようと思います。

頂上でちょうど走行距離が49.8kmでしたが、今日は調子がいいため、降りて先ほどの入口の豆腐屋を

左折し先週は行ったルートをもう一度走りました。今日はここまで給水なしでいたので(ボトルを忘れて

しまったのです)、途中の自販機で給水。アクエリがないので今日はポカリ。すると隣の自販機

が気になりました。
2012102014
ポッカなのにコカコーラが!さすが檜原村!

この道は3〜5%の緩い坂道の連続ですが途中二人のローディーが走っていましたが、インナー

での走行と見るやお先にのサインと共にパス。さすがに峠を越えてくると足が軽いこと。

そんな調子なのでどこまでもと思ったのですが、60kmをこえると微妙にふくらはぎに痛みが。

そんなに激痛ではないのですが、明日もありますので今日は引き返し。往きに来たルートで帰宅です。

【お詫び】登りだしてから使用した画像は、下りでヒマだったものですから、そこで撮ったものを
記事の構成上、登りの画像のように使用しました。登りではヒーコラ言っているので、足付くと
再度登るのが難しくなるための苦渋の選択です。ご了解ください。

本日の走行距離 114.94km(10月437.86km 年間3,710.60km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

クロスバイク購入で迷っています

最近ボーナスが近づいてきたこともあり、ほしい病がうずいています。
頻繁にチョット乗る(走行距離50km以下)バイクがほしい欲望がムラムラと涌いています。

基本的に乗るときは前日から準備し早朝には出発OKの状態で、レーパン、バシバシで
行くのが王道と思っています。

ところが、そうもいかない状況がこのところたびたびあります。どうしても午前中に野暮用が
入ったり、定期検診が入ったりでせっかくの土休がつぶれるときがあります。
(基本的に私は早朝出発以外は対応できません。午後からのライディングはしません)

そんな時に午後まったりとした時間にコーヒーなんぞを飲んで日がな過ごしておりますが、
この時に少しでも乗っておけば、月間1000kmも夢じゃないと浅はかにも考えました。

午後からライディングするにはせいぜいポタリングに毛が生えたぐらいがちょうどよいと考えて
いますので、ロードレーサーではなくクロスバイクがいいんじゃないかと考え至っています。
(なぜ午後は気合いが入らないかは後日)

そんなことを考えていたのが昨日で、候補はこれです。
2012101601
そうスペシャのSIRRUSです。
これとともにTREK FXも候補に考えていました。

今日は会社を早めに切り上げたので、おなじみのショップに寄って現物を確認。
いまは2012年の売れ残り(ゴメン)と2013年入荷が店頭にあり、検討にはちょうど良い時期でした。

SIRRUS、FX共に新旧を見ましたが、いかんせん重たい。カタログでは確かにロングライドも
いけるで〜なんていっていますが、店長もママチャリ+で考えてチョだと!
そこでsirrusの現物を計ってもらったところ、11kgちょっとで確かに重たい(ペダル込み)。
trekはカタログで10kgみたいですが、ほぼ同じではないかと思います。


そこで店長から新たな提案が!
2012101602
2011年もののアルミ+フル105、これをフラットバー仕様に変換し○○円でどうでっか!

グッグッ!心が大きく揺さぶられました。

今の時期、2012年ものが在庫一掃で特価で売っているのに、2011年モンで、カラーは地味すぎる
そんな不人気商品を押しつけられているんじゃないか?悩みます。

普段乗りなので、そんなに気張らなくても良いというのが基本姿勢だったのですが、クロスバイクの
部品交換(グレードアップ)にはロード系のパーツがほとんど使えないことがわかりました。

そうホイールもリムの幅が違うため基本的は使えないのです。(ブログでロードのホイールを
使用する記事もありますが、フレームを無理矢理曲げて装着しているのだそうです。5mm程度なので
気づかないかもしれませんが、確実にフレームは曲がっているそうです)

確かにロングは今のTIME号で充分なので、クロスバイクにそれほど求めませんが、
せいぜい50kmぐらいは耐えられるようにと思ったのですが、店長曰く
”そりゃ無理でんなぁ、チョット遠いスーパーまでがせいぜいでんがな”とまったく
評価していません。確かに特価品で5万少々なんで、期待するほうが無理かもしれません。

いろいろな状況を考えると、無理してもロード系のバイクをクロス系に替えた方が私には
マッチするのかもしれませんが、何しろ予算以上の価格なのでここしばらく考えざるを得ません。

それに騙されてているんでは?

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

絶景を求め新規ルート探しにいきました

最近練習ルートばかりなので、チョット飽きてきました。そんな思いで昨日ブログを見ていたら

景色の良いルートの記事があったので、地図で確認すると都民の森方面でした。

早速本日はそこを目指して出発です。まずは武蔵五日市駅に向かいますが、それにはあの

ダラダラ坂を登らなくてはなりません。いつもどおり明星大学前から登っていたところ、

前方に2名のローディーを発見。だいぶ苦労しているようで、まだ登りの1/3くらいのところで

インナーで、後は目一杯使いきりです。私はアウターのまだ3枚残しですので、お先にサインで

パス。だいぶ成長したのでしょうか。前回よりだいぶ余裕があり最後はインナーに落としましたが

後はまだ余裕でした。坂を登り切り、そこからの下りを走りきると武蔵五日市駅です。

今日はすごいローディーが集散しています。特に女性が多いのにはびっくりしました。

ここからは檜原村役場をめざして登り基調で漕ぎ続けます。途中、何人かが仕掛けてきます。

この時点では体力温存のため自分のペースを守って淡々と漕ぎ続けます。意外とパスされずに

村役場まで来ました。

ここのT字路を左折すると都民の森方面ですが、きょうは右折し新規ルート開発です。

クルマも少なく、ローディーもほとんどいないため走りやすいこと。たぶん檜原ユースホステルを

右折すると今日の目的のルートになるのですが、そのユースホステルがない!途中の看板は

あるのですが、途中から看板がなくなりました。見過ごしたと思い引き返し探しましたが、

それらしい建物はありませんでした。それなら適当に脇道に入ってみようと思い、左折したのが

間違いのもと。いきなり10%の激坂!インナーに落とすタイミングがなく、そのままダンシングで

登り切るとさらに壁のような超激坂。たまらず足つきです。トボトボと歩いて登るとGARMINが

なんと23%を示しているではないですか。ギョエーッ!!!初めての20%超えです。

登る気が失せました。それでも押しながら登るとどうにか中腹に到着。そこから気を取り直して

インナーでスタートしましたが、すぐに14%となり、その先はまた壁のような激坂!はい、さよならと

Uターンしブレーキをかけながら下っていきます。
20121013
天気は快晴ですが、屈辱の下りです。右の遙か下が来た道です。

帰りは基本的に下りなので、楽に武蔵五日市駅に着きました。またあの坂を越えて戻るのはつらいので

五日市線に沿って平地を戻りことにしました。途中秋川駅からいつもの道に出て日向和田駅経由で、

青梅市内を通って帰宅です。次回こそは道を間違えず、絶景を求めてクライムします。

本日の走行距離 106.50km(10月322.92km 年間3,595.66km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

風のなかロングに行きました

昨日の天気予報では雨の心配もなく穏やかな天気ということなので、すっかり安心して就寝。

そんな気の緩みから寝坊してしまいました。6時といういつもより1時間以上遅れて起床です。

犬の散歩もそこそこに朝食を摂り、空気を入れ出発したのが7時過ぎです。

今日もレギュラーコースの名栗コースです。時間が遅いせいかローディーとだいぶ多く行き交いました。

先週水曜日にも乗っているため、体が軽い感じです。今日は横道に逸れて山側からいつものコースに

帰るという趣向を変えた走行を行いました。距離的にはほとんど変わらないため単純に気分転換です。

名栗湖周辺では前回もそうですが、外周ではなく内周(町中)を進みます。クルマがほとんど

走っていないため、非常に走りやすいことを前回発見したため、今回もこのコース取りです。

ホント今日は集団走行を見ることが多く、2度ほど後に付かしていただきましたが、どうにか付いていく

ことが出来たのでだいぶ成長しているのだなと感じています。

いつも通りの折り返し点で帰路に向かいますが、途中いつも気になっていた場所でパチリ。
2012100801
脇道で農道とは思うのですが、登り坂を行くとなんだか他の世界にいけそうな感じです。
(埼玉県には海はないのですが、浜辺が見えそうです)

そんなことを考えながら無事帰宅。すると宅配便が届いていました。
2012100802
昨日ある方のブログで紹介があったものと同系統の小物です。

こう使います。
2012100803
前はこうなります。
2012100804
そう、ケーブルのプロテクターです。

使い込んでいくとケーブルとフレームこすれの傷跡を防ぐプロテクターです。前者のTREKは白い車体

でしたので黒く跡が残り、目立つことといったらありませんでした。いくら拭いても取れなかったので

改善策はないものかとずーと考えていました。これでスッキリです(でもチョット派手かな)。

本日の走行距離 109.66km(10月216.42km 年間3,489.16km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今日は雨、走るのをやめて撮りました

本日は朝から霧雨が降り続き、予報では午後回復するとのことですが、F1GPがあるので

今日は休みに決めました。途端に雨がやみすごい晴れ間が広がりました。なんてこった!

本当は雨男なのでしょうか?

そんなことで今日はF1スタートまで暇となってしまったので、TX20の実力を試すため

撮りまくりました。
2012100704
なかなか近寄っても良いものが撮れます。

2012100701


2012100702
美しいカーボンを忠実に表現できたかな?

2012100703
美しい〜!

2012100705
白黒もいけます!

SONY TX20はなかなかの実力です。先日購入したG1Xではイメージ通り撮れませんでした。
(苦手なシーンばかりなのでしようがないのかと思っています)

撮っているときにやはり気になったのは、サドルバックとツール缶がいかにも不釣り合いという

ことで出来れば取っ払いたいのですが、パンクの対応にはどうしても必要です。それならと

どちらか一方のみにしたいということを考えていました。そのため中身の点検です。
2012100706
どうしても手袋が場所を取るのですが必需品ですので、先日購入したカメラマウントをはずせば

どうにかいけそうです。サドルバックではこれ以上格納するのは無理なので、ツール缶に絞り

込みます。ただ今のでは容量不足ですので700〜900Lあたりのものを検討です。

これで少しは軽量化と格好良さに貢献できるのではないでしょうか。

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロングと坂登3.5本で充実したライドでした

本日は今週土曜日の休日出勤の先取り代休です。

天気は曇時には雨という予想通り、途中に弱い雨が短時間降りましたが、走りには全く問題
ありませんでした。

走り出しは名栗をめざしていたのですが、信号との相性がよくなく(右折するタイミングが合わず)
途中まで奥多摩方面に向かうことになってしまいました。クルマが途切れたところで右折し、
農道を走っていつもの道に出ますが、飯能方面に行くには一度戻ることになりますので、
距離稼ぎには良いのですが、疲れが出ますので前進に進路を取り、岩蔵街道を通って飯能方面を
めざします。

いつもの赤根峠を登っていきます。今ではこんな坂アウターで楽々です(ちょっと調子乗りすぎ)。
斜度はせいぜい7%というところで軽くこなしました。

今日は先日から通っている抜け道を逆走で行きます。途中あの自由の森学園の脇を通ります。

そしていつものR70に出ます。ここからは目をつぶってもいけますが、今日はロードバイクで
行きたかった有馬ダム(名栗湖)を目指します。R70の途中で枝分かれするところを左折し
有馬ダムに向かいます。

何故ここに行きたかったというとダムまでは急な登り坂で、このルートを通るローディーは
一度は必ず行くという有名な坂です。最初は5〜7%で途中から10%となります。
久しぶりなので息が上がりそうになりますが、ダンシングでどうにか押さえます。大きく右に曲がる
とさらに厳しくなり11%が続きます。やっと頂上が見えるとさらに一段傾斜が強くなり、
12%となり、ヘロヘロ状態でゴール!記念撮影。
2012100301
何故今までロードで来なかったかというと、土日はクルマも多く、ローディーもそれなりなので
ヒーハーして途中邪魔をしないかというためです。今日はほとんど人がいなかったため、思う存分
蛇行できました(車線は外していません)。

ちょっと一息ついて名栗湖を一周します。
2012100302
こんな感じの湖です。湖に沿って道路が整備されていますので、楽に一周できます。

出発点に戻ってきて反対側の景色でパチリ。
2012100303
本日は曇ですが、眺めはなかなかのものです。

この坂を登ってきました。
2012100304
白いガードレールのところで、最終12%地点です。ちょっと感じがでませんか?

ここに1件あるお店の自販機にはスポドリがないため、カルビスソーダを一気飲みし下山しました。
下りきるとR70に合流しいつもの名栗の上流を目指します。

いつもの折り返し地点ですが、今日は天候が涼しいので飲料補給はなしで、そのかわりトイレへ。
ビブショーツのなんともどかしいこと。

さあ引き返しです。前方に年配のローディーが!ホント今日は絶好調で、さらに坂を2本登ったので
ますます足が平地では軽く、下り基調ですが40km/hオーバーでローディーをパス。
さらに加速し45km/hいったところで、GARMINみると、傾斜計が動いていない!エエ距離計も!
そうです、トイレに行っているときにストップボタンを押したままだったのです。一番の走行時に
なんということか!ポチ。2kmくらい未計測、平均速度も記録なし。トホホ。

脱力感を伴いながら淡々と走行。きょうは坂の日と決め途中の山王峠に進路変更。逆側からの
急斜面ルートです。まだここはアウター縛りは出来なく、途中でインナーへ。ただ最高でも
10%なので今日の体調ではそんなにきつく感じませんでした。ここの下りで今日一の速度。
後に普通車が付いていましたが、引き離しました。たぶん運転手はびっくらこいていると思います。

往きに来た岩蔵街道を通り、今日はその先の坂に挑戦です。トラックが行き交う慌ただしい
道で、ダラダラと1kmほど登ります。ただ斜度はたいしたなくせいぜい5%程度。今日の体調では
単なる平地の誤差範囲です(どういうわけかえらい強気)。

あとはいつもの帰り道をルーティーンで帰宅です。途中雨に降られましたので念入りに洗車と
途中キーキー変な音がしたので、注油含め点検です。

本日の走行距離 106.76km(年間 3,379.50km)

↓ついでにポチってくれると感謝感激です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

てくてく山崎12

Author:てくてく山崎12
人間像:50半ばを過ぎてもロードバイクがやめられないおやじライダーです。
性格:温厚(自転車に乗ると「わしが走ってんじゃい、どかんかい!」
家族構成:3男1女+ヨメさん+クウ(犬)

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問された方々
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
RSSリンクの表示
読者登録

読者登録いただくと新しい記事をアップしたときにメールでお知らせいたします



提供:PINGOO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。